餌釣りからテンヤ・ジギングまでタチウオ釣りを紹介!

漢字表記で「太刀魚」。文字通り刀のような魚で、英名ではサーベルフィッシュとも。総じて魚類の中では異色の存在だ。
基本的には積極的に餌を捕食する魚で、夏に浅場で好釣できることが判明してからは各地でジギングにも火が付き、結果として大人気魚種へと成り上がった。一年中狙っているエリアも多いが、一応のパターンとしては夏の浅場の小型から始まり、徐々に水深を深めながら秋、冬へと至る。数と型はほぼ反比例しており、数釣りなら夏から秋、型狙いなら晩秋から冬がメイン。入門するなら浅くて数も出て難易度も低い、夏が最適と言えよう。歯が非常に鋭く危険なので、取り込んだら要注意。魚バサミなどでエラ付近を挟んでクーラーへ。

プランを検索

餌釣り

片天秤で狙う餌釣り
東京湾の日中釣りや駿河湾の夜釣りで発展してきた釣り方で、片天秤にサバやコノシロ、サンマなどの切り身を使う。
道糸の進化などによりライトタックル(LT)化してから釣りやすくなり、加えて夏場も浅場(10~30m)で小型がバリバリ食うことが分かって以来、大ブレーク。瞬く間に人気が沸騰し、LTタチウオ専用竿に片天秤の1本バリというスタイルで好釣果を連発。

道糸1号で浅場のオモリ30号、同2号で深場のオモリ60号か80号が定番で、この組み合わせで浅場から深場までいいアタリが出るようになっている。

ワンポイント

釣り方の基本は指示ダナの下限から上限を一定スピードでスローリトリーブか、小刻みなシャクリを入れてのリトリーブ。アタリがあっても巻き続け、ググッと乗った時に聞き合わせをしてヒットを確認し、巻き始めよう。
海面付近まで餌を追ってくる事もあるが、ここで大きくアワセてしまうと、仕掛けごと飛び出して危険なので、くれぐれも注意しよう。

テンヤ釣り

伝統のタチウオテンヤ釣り
最近はサーベルテンヤなどと言われ、東海地方や瀬戸内海の日中釣りや夜釣りで流行のジギングと並んで盛んな釣法であるが結構、歴史は古い。ジグヘッドのようなオモリ部分から軸の長いハリが出ていて、そこにイワシなどを縛り付けて釣る。日中の泳層は低めで、底から上層20mくらいまで。夜釣りはタナが浮き上がり、中層から海面下10mくらいまでが狙いとなる。
基本的な釣り方は底まで仕掛けを落とし、低層(底から20mくらいまで)でソフトシャクリ&ポーズを繰り返すか、ジギングと同じようにワンピッチジャークの待ちを入れた強弱バージョンでゆっくりと上層へ巻き上げてくる。

ワンポイント

餌が付いているので、アタリが断続的に続いてググッと食い込んだ時に合わせるか、小さなアタリの後に糸フケが出たのを即アワセしていたが、最近は少し変わってきた。巻き上げ中や静止時問わず、とにかく些細な動きを竿先で感じ取ったら即アワセ。
最近はタックルが良くなっているから、思った以上に細かなアタリはよく出るようだ。

ジギング

昨今人気のジギング
メタルジグを使うジギングはタチウオが生息するほぼ全域で行われており、人気も高い。ジグは大体100~150gを使用するのだが、一応ライトジギングの範疇に入る。よく引き合いに出されるシーバスのジグが60g前後だから、そのワンランク上のカテゴリーといえ、ライトジギングの中では最重量の部類といえよう。両魚の重さの違いは狙う水深がタチウオの方が深いため。日中では60~100m。夜釣りでも50m前後(アタリダナはもっと上層)なので100g以上が必要になるわけだ。
釣り方的にはそう難しくない。基本的にはサミングしての落とし込みでまず糸フケのアタリを取り、バイトしなかったらワンピッチジャークで巻き上げてきて、竿先の違和感をキャッチする。

ワンポイント

釣果を伸ばすには、様々な状況で如何に小さな変化をキャッチできるかにかかっている。巻き上げのスピードやアクションの間隔、大きさを少しずつ調整し、その時のパターンを掴もう。
ジグのカラーやパターンに、アクションがマッチすればバリバリ食ってくる。そのマッチ・パターンを探し出す面白さが魅力だ。

プランを検索