生き餌からルアーまでマゴチ釣りを紹介!

関東近県で、最近の夏の船釣りに外せないのがマゴチだ。もとよりフィッシュイーターだけに獰猛さもたっぷり。竿をゴクンゴクンと左右に振るような引きは、同じフラットフィッシュのヒラメの重量感あふれるノシと違い、ある意味派手でリズミカルな雰囲気。その独特のパワーファイトを楽しめるゆえの人気とも言えそうだ。氷を敷いたマゴチの洗いを酢味噌でパクつこうものなら、夏のだるさも吹っ飛んでしまいますゾ。

プランを検索

生き餌釣り

生き餌で狙う東京湾のマゴチ釣り
東京湾のマゴチ釣りは生き餌の待ち釣りで、現在はエビ(サイマキ:小型のクルマエビ)とハゼがメイン。ハゼは真夏でエビが弱り気味の時に絶好の餌。その頃は照りゴチと呼ばれて高水温の浅場に入ってきて、その水域にいるハゼを捕食するため、釣る側としてはマッチザベイト的に信頼感があるわけだ。
両餌とも釣り方の基本はタチ取り。ハリスがたるんだ状態だとアタリが出ないし、巻き過ぎで餌が宙に浮いていては食ってくれない。潮の速さにもよるが、中オモリ着底からハリスの長さの3分2ほど巻き上げて待つのが基本だ。両餌の違いは前アタリから本アタリが出るまでの時間。どちらも竿先にコツンとかググッとか出る前アタリの後、竿を持ち込む本アタリ(食い込み)が来るが、エビは軟らかい身なので早め、ハゼは比較的硬めの身なので遅め。本アタリが来る時間は千差万別なので自己責任で合わせるしかない。ここが難しいところであり、楽しいところでもある。
掛かってしまえば水深の浅さも手伝って強引が襲い、楽しいことこのうえない。その分バラシの危険性も増すので心して掛かろう。なお、水面まで来たらできるだけタモですくうこと。マゴチは口が硬いのでハリが十分刺さらず、引っ掛かっているだけの場合があるからだ。

ワンポイント

ルアーマゴチ

パターンがハマれば連発!?
ソフトルアーを使うジグヘッドタイプで、テンヤマゴチとも呼ばれる。釣具店では専用の物も売られている。重さは30~40gまたは8~10号。装着するソフトルアーは3~4.5インチのグラブやシャッドなど各種。巷の話ではカラーはオレンジ系が鉄板だと言われているので、ラインナップに是非とも入れておこう。
釣り方は着底後、海底を意識しつつトレース。潮の速さやテンヤの重さによって速度は調整しよう。底から離れてしまった場合は再びフォールさせ、底から離れないように誘う。
アクションを付ける場合は、ボトムバンピングより少し緩やかな感じでシャクリながら手前にトレース。そして、少しでも竿先に違和感を覚えたら、即アワセしよう。マゴチの口は堅いのでしっかりとしたアワセが重要。その日のパターンがハマると連発も十分期待できる。

ワンポイント

プランを検索