浅場で楽しめるビッグゲーム!

獰猛なフラットフィッシュの首振りダンスをこの夏満喫しよう

関東近県で、最近の夏の船釣りに外せないのがマゴチだ。船で狙う発祥は東京湾だが、ひと昔の同湾はマニアックな一部のファンがいるだけで、そう人気のある釣りではなかった。その背景には、あまり数が伸びないと言う理由も少なからずあった。それがどういうわけか数年前からマゴチが増え始めた。巷では餌になるキスが大豊漁続きだからとか、“照りゴチ”と言われるくらいカンカン照りの時期が好機だから、温暖化で気温が高くなった分、魚影が増えたなど、いろいろな推測がなされたが、確たることは分からない。ただ、狙う船、狙う船がみな好漁に沸き、どんどん出船数が増えていき、それに伴って人気度もグングンアップ。もとよりフィッシュイーターだけに獰猛さもたっぷり。竿をゴクンゴクンと左右に振るような引きは、同じフラットフィッシュのヒラメの重量感あふれるノシと違い、ある意味派手でリズミカルな雰囲気。その独特のパワーファイトを楽しめるゆえの人気とも、言えそうだ。

その熱がなぜか2~3年前から常磐・鹿島港へ飛び火する。こちらは夏の時期の大看板だった夜釣りのスルメ、ムラサキイカが震災以降さっぱり。釣り物がなくなって考えあぐねていたところ、現在大人気の一つテンヤに目が行き、その船をスタートした。ところがその仕掛けに反応を示したのがマゴチというわけだ。船長陣は生息しているのは知っていたものの、これほど釣れるとはと驚き、独自にテンヤマゴチ船を設ける。そして、夏で餌取り小魚が多くてエビが持たないのと、マゴチはワーム系のルアーでも食うのが分かっていたので、テンヤにワームという組み合わせが確立された。現在では東京湾と並ぶマゴチエリアとして、ファンの間でも認知されている。

とにかく、どちらのエリアもこれから9月末頃まではマゴチの好機。麦わら帽子でもかぶりながら、チャレンジしに出かけてみてほしい。氷を敷いたマゴチの洗いを酢味噌でパクつこうものなら、夏のだるさも吹っ飛んでしまいますゾ。

常磐・鹿島のルアーマゴチ

 目の前が広大な太平洋の鹿島港だが、狙うのは東京湾と同じく浅いエリアで、陸地とは目と鼻の先の浅場地帯。水深15m前後から、6~7月の乗っ込み最盛期には5m前後の超浅場までが狙いとなる。海の際といっても鹿島灘なのでエリアは広大。そこで育ったマゴチは60㎝級ぞろいで、それら大型が連発するから楽しい。トップはツ抜けの10匹超というハイスコアが連日出るのも、魚影の濃さを物語っている。ただ、マゴチが多いのなら、餌取り魚となる小魚も、高水温期のこの時期には豊富。エビなど美味しそうな餌はひとたまりもないはずで、同地ではテンヤマゴチと言う名称もあるものの、冷凍エビ餌などでは、苦戦することも多い。そういう事情がルアーで狙う理由の一つともなっていそうだ。

ソフトルアーを使うので、いわゆるジグヘッドタイプになり、釣具店でスイミングテンヤなど専用の物を選ぶこと。重さは30~40gまたは8~10号。装着するソフトルアーは3~4.5インチのグラブなど各種。巷の話ではカラーはオレンジ系が鉄板だと言われているので、ラインアップに是非とも入れておこう。

釣り方は疑似餌なのでいかにアクションを加えて食い気を誘うか。基本的には海底を意識しつつ、ボトムバンピングの少し緩やかな感じのアクションで手前にトレースしてくる。そして、餌ではないので食い込みは見込めないので、少しでも竿先に違和感を覚えたら、即アワセしよう。アクションパターンがハマると特大の連発も期待十分!