コマセからテンヤ・タイラバまでマダイ釣りを紹介!

日本で最も高貴な魚とも呼ばれるマダイ。釣り方も様々で、自分のスタイルにあった釣り方で狙えるのもマダイ釣りの魅力の一つと言える。
一年中狙える魚ではあるが、ハイライトは大ダイが連発する乗っ込み期。多少の地域の差こそあれ、概ね春の3月から5月辺りに深い越冬場所から産卵のため浅場に移動する。この時期には是非とも大ダイを釣り上げてほしい。

プランを検索

コマセ釣り

江戸時代から続くエビタイにとってかわった近代釣法
オキアミまたはアミを使ったコマセ(撒き餌)でマダイを寄せて釣る方法。この釣法ではロングハリスや太目のハリスを使えることと、極軟調子の竿を使うことによって強力なマダイのパワーに応戦でき、時間が掛かるが比較的大ダイを取りやすい。7㎏、8㎏といった超大型から、夢の10㎏オーバーなどは、コマセ釣りによるキャッチ率が高いとも言えよう。
コマセでマダイ釣りができる場所は、太平洋岸の日本列島中央部に集中している。剣崎沖や観音崎沖、富浦沖といった東京湾口から東伊豆も含めた相模湾一帯、沼津沖から西伊豆の土肥沖、御前崎沖など駿河湾沿岸といった、昔から船釣りが盛んな場所とも言うことができる。

ワンポイント

ひとつテンヤ

釣り具の進化が生んだ新旧のハイブリッド釣法
ここ10年ほどで人気となった新しい釣法。とはいえ、この釣りの主役である「テンヤ」、「カブラ」自体の歴史は非常に古く、遠く戦国時代の紀州でタイ釣りに使われていたと言われている。
テンヤ(カブラ)は鉛など、比重の高い金属の小さな玉にハリが装着されている物。「エビでタイを釣る」の格言通り、このテンヤに生きたサイマキ(小型クルマエビ)を付けて釣るのが常道だった。しかし、当時の釣り道具ではテンヤを好適域まで到達させられず、道糸にオモリを付け底まで落としていたが、底ダチ確認が難しくベテラン向きのジャンルと言われていた。
それが現代の釣り具の飛躍的進歩で一変する。1号以下の極細のPEライン、それを操ることができるフレキシブルな竿、および繊細なリールドラグ……これらの出現により、テンヤ単体だけで底へ到達させることができるようになった。つまり「一つテンヤ」である。
新旧のハイブリッド釣法ながら、シンプル、イズ、ベストを体現した釣り。底ダチとアタリさえ確認できれば、誰でもマダイをゲットできる手軽さは、爆発的人気を呼んだ。

ワンポイント

タイラバ

江戸時代から続くエビタイにとってかわった近代釣法
マダイのラバージグだから「タイラバ」。一つテンヤと同時期に注目され始めたが、こちらはエビなど餌を使用しない完全な疑似餌釣り。
タイラバは特にブラックバス釣りのラバージグと似ていたため、バス同様どんどんカスタマイズされていった。その結果、各メーカーからシルエットやカラー、重さなど多種多様の物が発売されるようになった。最近、重要視されているネクタイと呼ばれるラバースカートも単体でいろんなカラーが発売されているから悩んでしまうし、鉛製だったヘッド部も最近は高比重で小さく、かつ高価なタングステン製などもあるから、自分の釣りエリア、シチュエーションに適しているか確認する必要がある。

ワンポイント

一方で釣り方は簡単。タイラバを着底させスローリトリーブで上層へと巻き上げてくるだけ。そして竿先にコンコンとアタリが出ても巻く手を休めず、グイッとした本格的な引き込みがあったら、ロッドを引き戻すようにしっかりしたアワセを入れればよい。

強いて言えばリトリーブのスピードの加減がカギ。また、ロッド操作は禁物と言われていたが、最近はシャクリ誘いをやって好釣果を上げる人もいるので、一概には言えない。タイラバはなぜか、ある特定の物に連発することが多い。その点では、ビギナーといえども竿頭になる可能性は十分ある。

プランを検索