梅雨明けとともに大挙来襲!

近年の夏の主役、キハダマグロ&カツオに挑戦しよう!

日本では「釣り」というよりも「食」で認知度が高かったカツオとキハダマグロだが、近年は釣りのターゲットとしてグングン台頭している。カツオは陸地のすぐそばまで回遊するため、手漕ぎ船でなんとか漁ができた江戸期から馴染みが深いが、それでも「釣り」という観点からすると、昔はそうメジャーなターゲットではなかった。キハダマグロに至っては、温暖化前は沖縄地方のイメージが強く、本州では九州南部の一部でこそ釣れるが、もっぱらイナダなどに交じってキメジクラス(幼魚)がポツポツと釣れるだけであった。

それが今では、本州の黒潮が接近する紀伊半島南部や関東、静岡の伊豆から御前崎にかけて、年による偏差はあるものの、ほぼシーズンの夏になると大挙して回遊。近場のあちこちで鳥山がたち、ボイルがあり、ナブラができる。理由をたどると、悪く言えば温暖化による海水温の上昇うんぬんという話に向かってしまうが、よく言えば黒潮の恩恵を存分に受けているということになろうか。とにかく、毎夏わんさかキハダマグロとカツオの大群が来襲するようになったわけだから、釣り船としても指を咥えて見ているわけにはいかないのだ。

かくして、遊漁船を出してみれば昔とは比べ物にならない大きさで、キハダは連日20㎏だ、30㎏だとビッグファイト、カツオも3~5㎏の大型が乱舞する爽快ファイトが繰り広げられるから、釣り人も捨ててはおけない。しかも食べては日本人が昔から認めた美味しい魚。あっという間に夏の主役に躍り上がった。

両魚の釣り方は主にルアーフィッシング、イワシやオキアミ餌やのフカセ釣り、オキアミのコマセ釣りの3種(トローリングは除く)。それぞれの基本をガイドしておくから、ぜひともチャレンジしてみてほしい。

ルアーフィッシング

キハダマグロ、カツオはフィッシュイーター(魚食魚)だけにルアーフィッシングの格好の相手。特にキハダは国内では、トローリングでやるカジキを抜かしたスタンディンファイトの相手としては、カンパチなどと並んで最大級といえよう。カツオは遊泳速度が速く鋭い引きが味わえる。うまく群れが止まれば入れ食いのチャンス。5㎏以上となると少し大変だが、3㎏級なら爽快ファイトを満喫できる。ルアーフィッシングは全国的にどこでもOKで時期も問わず。回遊していて、釣り船が狙ってくれると言えばチャレンジできる。

釣り方としては、基本的に表層の釣り。ポイントも鳥山がたっていたり、海面で捕食による水の動きができるボイル、ベイトが跳ねて海面がザワつくナブラを船を走らせながら見つけ、キャストしていく。海面に追い込まれたイワシなどベイトフィッシュを捕食するわけだから、それをイミテーションしたルアーを選ぶ。ペンシルベイトやポッパーなどサーフェスプラグ各種。状況に応じてフローティング、シンキングを使い分けよう。ナブラや鳥山の進行方向に注意しながらキャスト。ルアーアクションで誘いだしヒットに持ち込もう。ヒットしたらしっかりとアワせ、落ち着いてファイトしよう。大型のキハダは遊泳力も体力も桁違い。長期戦となることもあるが、協力し合いながら貴重な一尾をキャッチしよう。

餌のフカセ釣り

道糸とハリスを直結して、餌のイワシやオキアミを潮に乗せて流していく釣法。シンプルイズベストで、リールのクラッチを切ってどんどん糸を出してテンションをかけず、ほぼナチュラルに餌が流れる(フカセ)ことによって食わせる。糸が一直線で天ビンなど仕掛け類がないため、やり取りにトラブルが起きにくく、意外と細糸でも大物をゲットしやすい。

関東エリアだと主に相模湾で活きイワシ餌を使ったフカセ釣りが知られている。タックルはカツオかキハダマグロによってランクが違ってくるが、PEの道糸にフロロカーボンの太ハリスを、ルアーのリーダーのように結び、その先にハリを結んで餌を付ける。イワシは“一本釣り”伝統のカマ掛けにする。エラを開いてカマの部分に刺し通す方法で、ハリとイワシのバランスが良く、泳ぎがいいと言われる。

狙うのは鳥山、ナブラ、ボイルのほか、パヤオなど人工漁礁。鍵はイワシの泳ぎ方で、仕掛けを投入したら糸が45度前後の角度で沖へ泳いでいくのがベスト。それで泳ぎが止まったら回収して次のイワシに付け替えて、また流す。駄目なのは船下に入ってしまうのと、海面近くを泳ぐやつ。これには食わないので即、回収してイワシを付け替えよう。アタリはククッと糸に来るが、十分イワシを飲み込んで糸が走りだすまで待ってからクラッチを繋いで竿を立てよう。

また、西日本エリア(紀伊半島の潮岬沖など)ではオキアミ餌を使ったフカセ釣りが知られており、オキアミを撒き餌にして潮に乗せ、その帯に付け餌にしたオキアミを流す方法。関東エリアと違うのは道糸がそのままハリスになる、つまり完全ハリ直結なこと。だから道糸はフロロカーボンの10~14号前後で、先端に直接ハリを結ぶ。モノフィラメントの糸の方が伸びてくれて魚を取りやすいという意味もあるようだ。

潮目(瀬)を狙うので、状況により流す距離を40m出しとか60m出しとか変えていく。ここらへんの判断は船長が指示してくれる。距離を出したらそこである程度待ち、当たらなければ回収して次の流しへ移る。このため、リールはクラッチを切った状態で糸が出るとジージー鳴る「クリック」機構をもったものが便利。待っている時にこれをONにしておき、当たればカジキトローリングのときのようにジージー音が鳴って糸が出ていく。そうなったらクラッチを入れて合わせればよい。

フカセ釣りは流す距離にもよるが、ハマると仕組みが簡単なだけに、大釣りになる可能性が高いのが魅力だ。

オキアミのコマセ釣り

ある程度サイトフィッシング(見釣り)が中心の上記2ジャンルに対して、コマセ釣りはある程度の深さを狙うのが大きな特徴。海面近くでイワシなどライブベイトを飽食していた両魚も、ライブベイトが際限なくいるわけではないから、美味しい餌があればそれに飛びつく。そんな時、群れを見つけてオキアミを撒けば、何の魚でも効果は万能と言われるオキアミだけに、それに付くわけだ。

釣り方はマダイやワラサなど、プラビシなどでコマセをまく、一般的なコマセ釣りと同じ。一言でいえば、パワーが加味されたワラサ釣りとでも言おうか。カツオとキハダマグロ狙いでは多少、ハリスとハリが変わってくるが、それ以外のタックル類はほぼ流用できる。

基本的な釣り方は船長の指示に合わせてタナをとること。例えば25mと指示が出てハリスが4mだったら、指示の2mくらい下までコマセ缶を落としてから、コマセを振って指示ダナまで上げて待つ。なお、指示ダナを下げるのは厳禁。そこから魚が上がってこなくなり、守っている他の人に迷惑をかける。まあ、これは何のコマセ釣りでも同様だが。ただし、コマセの出し方にはいろいろあるようで、足の速い群れにはドバ出しで足止めしたり、スレている群れにはマダイ釣りのようにパラパラということも。要は船長の指示をよく聞くことが大切だ。

狙うポイントだが、深くなったとはいえ、やはり目安は鳥山やナブラ、ボイルなどが中心になる。これらを目標に船が進んでいくが、船長が魚探やソナーを見ながらいくので、ナブラなどの遠巻きの中層に反応が出ることも多い。「はい出たっ! 何mから何m」と突然のアナウンスになることも多いので、いつでも仕掛けを投入できる臨戦体制を整えていることが大切だ。その他に、パヤオから潮目が派生したところなどにも反応が出ることがある。

さて、いざ当たったらどうするか。カツオはともかくキハダの口には鋭い歯があるので、飲み込まれるとハリス切れの危険性が増す。各船長それぞれの意見があるが、要はハリを口周りに掛けることが大切。飲み込まれないよう即アワセしてから走らせろという人もいるし、走られたら即アワセは引っ張りっこで危険なので、ファーストランが終わった直後にアワセを入れると言う人もいる。よく船長に聞いて、自分のスタイルに合った操作を選ぶといいだろう。もうひとつ、ライン切れを心配してドラグの緩め過ぎはNG。ちっとも弱らずに走り回られ、周りのお客さんにも迷惑が掛かる。顔を向けさせて主導権さえ握れば、大型でも取れるので、適正値以下にはしないように努めよう。