初夏のイサキは産卵前の荒食いで脂バッチリの絶好機!

GWが明ければ夏の始まり、いわゆる初夏だ。旧暦で言うとすでに過ぎ去っているが(4月)、二十四節気で言うと、5月上旬から6月上旬までを言うことが多いから、まさに現在が初夏と言えよう。この言葉を聞くと忘れてはならないのがイサキ。現代では寒イサキなど一年中狙えるターゲットになっているが、真夏の産卵に向けて浅場に乗っ込み、体力を蓄える5月から7月が本来の“旬”といえよう。やはり遊漁船もこの時期になるとイサキ釣りで活気づく。
意外と変な形が多い海水魚の中では、紡錘形で見るからに“魚”という形をしており、食欲をそそるが、脂の乗ったイサキは時期によってはマダイよりうまいと言う人もいる。特に刺し身、皮を残した炙りが絶品だが塩焼きも捨てがたい。ただ、注意したいのはタイ同用に骨が硬いこと。小骨などが喉に引っ掛からないように。
太平洋側では千葉県片貝沖付近が北限で、それほど離れていない少し北の銚子沖には姿を現さない。寒流の親潮が強く影響を及ぼす地域にはいないようだ。船釣りでは特に関東から伊豆にかけて盛ん。年間を通して狙っているエリアも多いが、禁漁期間を設けて保護している地域もある。

釣り方

イサキは群れで行動している。行動的にはアジに似ているが、冬場はアジほど深く(100m以深)には落ちず、せいぜい60m前後である。最盛期の夏は10m台まで上がってくることも。大群、小群様々だが、総じて少し山状になっている根周りに付くか、カケアガリの斜面に定位する。昔からの言い伝えで群れの下層ほど小型、上層ほど大型というピラミッドを形成しているらしく、実際に釣っていてもその傾向になることが多い。

関東~伊豆の狙い方はコマセ釣り。オキアミかアミをコマセにして、片天ビンを使った2~3本バリで狙う。地方によって差があり、伊豆などは周年オキアミ餌を付けて狙う。湘南や三浦半島、南房から北限の片貝沖エリアは食いが渋い寒期こそハリにオキアミ餌を付けるが、それ以外は餌取りの小魚対策と手返しの速さを狙って、ウイリーバケかカラー空バリを使うことが多い。現在は水温が上昇中とはいえ微妙な時期なので、この2種を中心に、悪条件用にオキアミ餌仕掛けを持参した方が得策。臨機応変に使いこなしていこう。
釣り方は基本的に船長がアナウンスしてくれた指示ダナの間をコマセを振りつつ狙っていく。活性期のカラー空バリまたはウイリーバケの場合は指示ダナの下限までおろし、竿をシャクッては待つ、シャクッては待つの繰り返しで指示ダナの上限まで。シャクリ幅や強弱、スピードなどを当日の状況によって調節して探っていく。オキアミ餌の場合は前記2種のように餌を動かす必要はないので、一般のコマセ釣りのように、シャクッてコマセを出した後、その煙幕の中にオキアミ餌を漂わせて、ある程度待つ。これを指示ダナの下限から上へと実行して探っていき。よく当たるタナを探し出せばOK。
コツは食いダナを下げないこと。イサキは食いが立つとドンドン上層へ浮き上がってくる。魚も上を向くからハリ掛かりもいいし、浅くなって手返しも早くなる。食いダナを探し当てたら、そのタナよりプラビシを下げないようにしよう。もうひとつ、イサキは群れの上層ほど大型がいると言われる。食いダナの内のできるだけ上層を探っていく方が、大型の確率が高まるので、ご参考に。