チャンス! 茨城南部解禁でヒラメエリア大拡張!

ベーシック&ライトタックルのヒラメ釣りを紹介!

万人に知られる高級魚ヒラメは全国に生息するが、盛んなのは船釣りで狙う関東の千葉県~茨城県エリア。昔から活きイワシの泳がせ釣りが盛んで、毎年解禁ともなるとドッと釣り人が訪れる。近年では神奈川県相模湾、静岡県でも東伊豆や駿河湾などで人気が出始めているから、釣り船を選ぶにも苦労はないはずだ。 昔は上級者向きの釣りであったが、最近ではライトタックル(LT)釣法も出て来て、さらに門戸は広がった。

プランを検索

ベーシックタックル

「果報は寝て」待てだが放っておくのは厳禁。
ヒラメ釣りは昔から「ヒラメ40」などと言われ、アタリが出てもじっくり食い込ませるため、針掛かりさせる事がなかなか難しい釣りだった。
しかし、現在では道具も進化し、とても釣りやすくなっている。竿の性能や船の動きでリカバリ―できることが多いのだ。竿は3mを境に若干の長短があるのだが、それは後述の釣り方の方で説明する。リールは中型両軸タイプが主流だが、最近では小型電動を使う人も。これは好みと言えそうだが、ドラグ性能だけは良い物を選んでおこう。仕掛けは図のような捨てオモリ式と言われる物だが、これはLTでも変わらない。
ベーシックでは放っておくのは厳禁と書いたが、実はいじり過ぎるのも良くない。厳禁なのは、アタリが出たのに放っておくことだ。それに竿の性質上、持ち重りがするので、ロッドキーパーがあると非常に重宝し、現在ではほぼ必需となっている。

ライトタックル(LT)

短くて軽く、扱いやすさでは秀逸
近年は数が釣れるようになった反面、1kg以下の小型も増えた。そんなことから、扱いやすさ、引きの楽しさを求めて各魚種で普及している「短い・軽い」というLT化が、ヒラメにも及んでいる。
ライトヒラメ専用竿も発売されているが、1.8~2.1m前後のLTアジやライトゲームの竿でも流用が可能。これらのクラスのタックルは、LTアジのブームでも分かる通り、女性や子供、高齢者にも非常に扱いやすいし、比較的廉価で購入可能。マッチするリールも小型両軸でOKだから、リースナブルに入門できる利点がある。
ただし、手持ち竿でやるうえ、繊細なのでアタリがあった場合、あまりに挙動が激しすぎ、合わせどころを間違えて失敗する人も多い。また、よりスリルを求めてベテランでもLTでやることが多くなってきたが、座布団級が掛かるとベーシックより取り込むのが難しい場合があるので念のため。

ワンポイント

船はスパンカーによる風立てか、船体を横に流すドテラ流しで狙う

ヒラメを狙う船には2通りの船の流し方がある。他の多くの釣りと同じ、スパンカー(後部にある帆)を立てて船首を風に立て、縦向きにして船を操っていく方法。もう一つは、潮あるいは風に船を任せる横流しといわれる方法。通称“ドテラ流し”で、船を横向きに流していく。どちらもエンジンなどで微調整をしながら流す。
一般的には横流しの方が釣り座の不利がないと言われる。船が流れるほうの片舷の全員が真っさらのポイントを狙えるので、トモやミヨシだけが有利ではなくなる。また、スパンカー流しだと真っさらのポイントを狙えるのはミヨシかトモのことが多いのだ。
ただ、横流しは海が悪いと出来ない。強風や速潮だと船が流れ過ぎて駄目。そんなことから釣り船は横流しメインに、状況で縦流しという、2つ流し方がある。釣り人はその2通りを覚えておく必要がある。

●ベーシックタックルの横流し

先に真っさらの場所を狙える舷の場合(仕掛けが船下に入っていく流し)は、仕掛け投入後、抵抗で竿がグニュっと曲がっても、道糸は極力出さないこと。出すと仕掛けが新しい場所に入らず、ヒット率は下がる。このため、横流しは出来れば長過ぎず、若干硬めの竿がいい。3.3mや3.6mといった竿(大体この手の竿は極軟調子)だと通常の状態でも引き込まれてバットまで曲がり切ってしまい、いざ当たった時にもう曲がらないため食い込みも悪く、アワセも十分利かなくなってしまう。
裏側は仕掛けがどんどん沖に出ていく側。竿の弾力などはあまり関係なくなるが、仕掛けが引っ張られるからと言って、道糸を出していくのは禁物。それでは同じ場所に置いておくだけになってしまう。極力仕掛けを引き摺って場所が変わるようにし、どうしても浮いてしまうようなら、一旦回収して入れなおそう。

●ライトタックルの横流し

LTではオモリを引きずるような釣り方は竿の性質上、あまり効果的ではない。細い糸が使えているのだから、オモリを少し海底から離し、道糸を立てて(道糸が真下に落ちている感じ)狙おう。これは両舷とも同じ。これによって感度がよく、アタリも竿に良く出て分かりやすい。ただし反面、いざアタリが出た場合、感度が良すぎて竿先がバタバタすることがあり、思わず初動の食い込んでいないアタリで、いきなり大アワセ(ビックリアワセと言う)してしまい、バラシというパターンも多い。軟らかめのタックルなので、十分過ぎるほど食い込んでからアワせるようにしよう。とはいえ、昔の「ヒラメ40」なんて長待ちはなし。竿が入ったままになったら、起こすように合わせよう。

●スパンカ―使用の縦流し

こちらはベーシック&ライトとも狙い方は同じ。船長が極力、道糸が立つように船を流してくれるので、しっかりと底付近のタナをキープするのが鉄則だ。ベストはやはり道糸が真下に落ちる感じで立つこと。ちょうどよい潮や風でうまくポイントを流せているときは、仕掛けがうまく移動している証しで、道糸が真下向きよりわずかに左か右へ、斜めになっていることが多い。
問題は潮が速過ぎたり、風が強過ぎたりする時。船長はしっかりポイントを適速で流そうと努力するが、潮と風、特に風は船の挙動にかなり影響し、強過ぎるとうまくいかない。つまり道糸が斜めになって仕掛けが不必要に引っ張られてしまう。こういう場合はなかなか難しく、道糸を立てようと糸を出していったり、一人だけオモリを重くしたりすると、周りの人とオマツリ地獄に陥る。こういう荒れ気味のシチュエーションを考えるとベーシックに分がある。

プランを検索