味は絶品、釣り味も絶品のショウサイフグが好機到来!

秋の数釣りシーズンに突入 絶品の身を“たらふく”いただこう!

残暑が厳しいはずの9月に入ったが、今年はなぜか8月中の真夏日が少ない涼しい夏で、すぐに秋風が吹き出しそうな気配だ。そうなると体調も万全に戻って、すぐに食欲の秋を満喫する用意が整ってしまいそう。それにバッチリ応えてくれる釣り物が、味では絶品と言われるショウサイフグ。フグの産卵は初夏で、その後は体力回復のために食欲旺盛。40㎝級の大型からピンポンと呼ばれる小型まで、数釣りが楽しめるようになるのが秋だ。

日本の太平洋側一帯(東北以南~東シナ海海域周辺)に生息するから、どこでもターゲットになりえる訳だが、ご存知、テトロドトキシンという猛毒を持つ魚。遊漁をやるとすれば、フグをさばける免許者(船長など)を常駐させ、食に適する部位を釣り客に提供する……という方式が好適といえる。それらの体制が整っているエリアが多いのが関東沿岸で、特に東京湾、千葉県外房の大原沖、飯岡沖、茨城県一帯が主力ポイントとなっている。中でも大人気エリアで数釣りができる千葉県外房大原沖が、この9月から解禁。2年前までは10月解禁だったが、よりファンに楽しんでもらおうと昨年に1カ月前倒しして解禁。評判が良かったので今年も9月1日にオープンする。

他の3エリアは解禁がなくて一年中楽しめる。東京湾は特に“湾フグ”と言われてマニアックなファンが集い、繊細仕掛けで一年中切磋琢磨して腕を磨いている。飯岡沖、常磐沖は大原沖同様に良く釣れる釣り場。この2地区は魚影の濃さを証明するように大原沖と同様、最高80匹までの制限匹数を設けている。

なお、釣り方はどのエリアも3本イカリのようなカットウ針を使ったカットウ釣り。餌が付いたハリを魚の口の中に運ぶ方法ではなく、寄ったフグの魚体に掛けるので、引っ掛け釣りとも言われるが、闇雲に引っ掛けるのではないから、何とも奥が深い。その中でも海の違いから大別して東京湾方式(湾フグ)と、太平洋岸エリア方式に分かれるので、その2つを紹介しておこう。

近年のフグ釣り勃興地域の大原沖を中心とする重いカットウ釣り

フグカットウ釣りの大元は東京湾という説があるのだが、今のフグ釣りブームのきっかけとなったのは、間違いなく昭和後期ごろから始めている外房大原沖だ。目の前の広大な大原沖から太東沖一帯は、1時間沖へ走っても水深30m前後の砂地っぽい海底が続く。つまりショウサイフグには持ってこいの場所で、魚影がすこぶる濃かった。昔は竿や糸も繊細にはできず、かつ海も静かではないエリアだったので、ホバリングして餌を盗む名人のフグのアタリを取れるような繊細な釣りがやりづらかった。オモリは水深に合わせて25号とそう重たいものではなかったが、とにかくアタリが出にくく、結果、フグが見せ餌のアオヤギに寄ってきていると見越して、掛け具のカットウバリを竿でシャクリ上げていた。これが、今でいうタイム釣り(図参照)。フグの活性によって、「今日は寄りが悪いから間隔を長くとって10秒ごとにしゃくろう」とか、「今日はすぐ餌が取られてしまうほど活性が高いから、5秒間隔でしゃくろう」という釣りになっていたわけだ。だから、ビギナーには、比較的やりやすいこの釣りを勧めることが多い。

しかし、タックルの進歩で、外海でも比較的荒れが少ない日はアタリを取れるようになった上級者も増えてきた。現在では、極力このアタリを取る“聞き釣り”をメインに、タイム釣りを加味して状況に対応している人が多い。ただ、やはり静かな海とは言えないので、カットウ針を2つ付ける=掛かる確率が上がる=ダブルカットウが人気で、定番アイテムになっている。

この釣り方は太平洋岸、いわゆる外海になる千葉県、茨城県とも共通。海底の地形も似通っており、海の荒さ加減も近い。だから釣り方も同じだ。違うのは常磐エリアでたまに使用オモリが30号というくらいか。ちなみにカットウのオモリは25号が大半だ。なお、外海エリアの餌はアオヤギの剥き身だが、たっぷり付けるのがコツ。餌バリに3~4個こき上げて付け、少なくなったら継ぎ足していこう。ちなみにフグはワタの部分が大好きなので、この部分が無くならないようにすること。これはコマセ釣りのコマセと同じ効力を狙うため、非常に大切なことだ。

奥が深い! 一年中狙えるライトで超繊細な“湾フグ”

フグのカットウ釣りのルーツを辿っていくと、東京湾という説が有力。ただし、その草創期に釣りは昭和中期に一度廃れた。そして、外房大原沖の隆興の余波を受けて2000年前後から再びブレークした感がある。この第2期の釣りが“湾フグ”と呼ばれるライトタックルのカットウ釣りだ。昔のカットウ釣りもライトだったらしいが、現在はタックルが進歩した分、10号オモリの仕掛けでも重い場合があり、6号の軽量仕掛けを使うこともあるほどだ。その所以は、極力アタリを出して掛けるのが理想の釣りのため。軽い方がアタリが出やすいのは自明の理である。

釣り方は繊細な操作(図参照)……というかタックルも繊細なので、アタリがより分かるように、それに合わせソフトな操作になるしかない。それに、派手な操作をすると、せっかく寄ってきたフグが散ってしまう。外海と違って東京湾のフグポイントは大貫沖の浅場など静かな所が多く、嫌がおうにもフグの警戒心が上がってしまうのだ。逆にその難易度の高いフグを釣ることにこそ、充実感が得られるとも言えよう。ただ、これは何もマニアだけの釣りではない。ビギナーとしても一度経験してみれば、その奥深さを感じられるはずだ。

餌はアルゼンチンエビなど冷凍エビを使うことが多く、繊細なアタリを出すため、付け方にも手順がある。湾フグ釣りは出船前に餌付けも含めてレクチャーがあることが多いので、初チャレンジの方はしっかりと聞いておこう。

なお、東京湾のフグ釣りではショウサイフグの数釣りが一段落すると、晩秋からさらに美味と言われる通称“アカメ”のコモンフグへチェンジするし、ここ1~2年、春の4月には超高級トラフグの大型が一時的に爆釣になるから、楽しみは倍増。9月から10月に繊細な“湾フグ”釣法を理解して、上記2種へトライするパターンはいかが。