奥の深いビシ、手軽なLT
東京湾&相模湾のメイン釣法をガイド!

世間で知っている魚の名を挙げてくださいと問えば、間違いなくランクインするのがアジ。王道の干物、そしてタタキ、刺し身、塩焼き……レシピにも事欠かない。知名度NO1の称号を与えてもいいくらい、名が通っている魚。マダイやサンマ、マグロなど著名魚は他にもいるが、食卓や飲食店にのぼる回数の多さは、庶民の魚として外すことはできない。

釣りの世界においても、アジは人気の上位を占める魚だ。ほぼ日本全国で釣れるし、ポイントも堤防や磯、沖(船)と沿岸ならほぼ全域。釣り方も多種でいろいろだ。船釣りでは昔は浅場のサビキ釣りが多かったが、近年では職漁の方法だったビシ釣りが道具の普及で人気に。さらに釣り道具類の進化でビシ釣りの道具を軽量化して万人に楽しめるようになったライトタックル・ビシ釣りが主流になりつつある。釣船予約の各船宿でも、アジではこの2種類のプランがメインだ。

ビシアジ

“ビシ”とは本来オモリのこと。職漁発祥のこの釣りは、イワシのミンチを寄せ餌(コマセ)にして、その中へハリ付きの仕掛けを漂わせてアジに食わせる。そのコマセを詰める網状のカゴが、アンドンに似ているので「アンドン」。さらに沈めなければならないので、これにオモリ=「ビシ」=を一体化。ゆえにアンドンビシという名になった。この名が省略されて、いつしかビシに。だからビシ釣りである。漁師は太い渋糸の手釣りだったため、仕掛けが潮に流されないようにビシがかなり重かったが、それでもあまり深場は狙えなかった。

それがテトロン道糸の登場で細く強くが実現(現代の比ではないが)し、リールに道糸をたくさん巻けるようになったのと、サオの素材の進歩で強くしゃくれるようになってからは、竿でのビシ釣りが登場。100m以深の深場も難なく探れるようになり、一年中OKのジャンルに発展し、人気が沸騰した。主に東京湾、相模湾で実践されている釣りだ。

釣り方はビシの上に片天ビンを装着し、そこから2~3本バリ仕掛けを出す。これをアジの泳層まで落とし、そこでビシを振ってイワシミンチコマセを出す。アジは匂いに誘われてその煙幕の中に入り込み、そこに漂っていた餌付きのハリに食いつく……という寸法だ。

現在、ビシの重さの標準は130号。最近流行りのLT=ライトタックル=アジに比べてかなり重いが、これは潮の速いエリアを狙うことが多いからだ。特に東京湾口の浦賀水道一帯は130号でさえ浮いてしまう場合がある。そのため、竿をシャクるのが重労働で女性や子供の乗客は減ってきたが、男性ファンには今も確固たる人気を得ている。

その要因として、LTではできない速潮場所はアジが大きく育ち力強い。その速潮を攻略するのにマニアックな部分が多く、やりがいがあるためと言われている。実際、潮がガンガン流れている時の東京湾口・観音崎沖などは、ビシが着底後、コマセを出そうとシャクッた途端に浮き上がってしまったりする。このため、ビシ着底後、そのまま一シャクリして待つとか、そっと20㎝ほどビシを上げて、何もせずに待つとか、いろいろな細かいテクニックがある。ベテラン陣はそれこそ、タナを5㎝刻みで探るとも言われている。重さがネックになってしまっている通常ビシ釣りだが、未経験者は一度やってみるといい。奥の深さにびっくりするはずだ。

LTアジ

現在、大人気のこのジャンル、正式名称は「ライトタックル・ビシアジ」である。名の通り、以前からあったビシアジ釣りを、ライトタックルでやるというものだ。近年、温暖化の影響で、東京湾のアジはどんどん湾奥へ(北へ)入り込み、横浜沖や木更津沖、中ノ瀬などの浅場で大群を作るようになった。今から10年くらい前になろうか。そのメイン水深は20~30m。真夏になるとそれこそ10m台にまでなった。最初はこの浅場でも通常のビシ、つまり130号前後でやっていたが、あまりにもアンバランスなので、どこかの船宿がコマセのカゴ(アンドン)に50~60号のオモリを付けてやり始めた。これがライトタックルの始まりである。これを機に適した竿が登場。潮などの加減を見て、ビシも現在は40~50号に落ち着いている。

格段に軽くなったタックルは、女性や子供にも十分使いこなせるようになったため、船釣り入門の格好のジャンルになり、あれよあれよという間にファンが増加。それに負けじとアジも良く釣れ、冬でも水深20mそこそこで40㎝もの特大さえ掛かるため、船宿も続々LTアジ船を投入。今や東京湾のアジ船の大部分はLT船である。

人気の秘密は好釣果のほかに、タックルがライトなため、アジでも十分な引きを味わえて楽しい、という面がある。細い竿は掛かると満月に曲がってスリル満点だし、その割に女性、子供でも対処できる範囲内だから気分はいい。もし船釣りに初チャレンジするなら、LTアジを第一候補におすすめする。

だからといって底が浅いという釣りでは決してない。軟らかい竿を使う分、コマセ出具合の調節などはコツがいる。ちょっとした潮で軽いビシが流されやすいため、正確なタナ取りのためのリカバリー作業など臨機応変な対応も必要。中級者クラスもどっぷりハマれるジャンルである。